2007年02月04日

“VERY”な時間

前職場で唯一の「同期で同窓」の裕子ちゃんが、
ご主人の仕事の関係で4年過ごしたドイツから帰国したので
6年ぶりに逢いました。

見た目は変わらないのに、一層洗練され、
仏人(「フランス」人です。「ほとけ」ではありません)に
教えてもらったという料理の腕もあがったようです。

私は昔から裕子ちゃんの手料理が、

何よりの好物でした。

裕子パスタ.jpg

(マヨネーズもお手製です)

裕子お茶.jpg


裕子ちゃんと私の人生のステップはある程度まで同じだったのに、

かたや雑誌“VERY”に出てくるようなマダム。
(坊やのバイオリンに裕子ちゃんがピアノで伴奏で
 発表会るんるんに出ている!)


かたや“働くおじさんおばさん”に。
(ここのところ、毎週末仕事。
 昨日の土曜日も今日の日曜日も仕事だった私です ヾ( ̄ε ̄ヾ) )

今描く人生は全く違うものでも、
将来は共に、三越を闊歩するこじゃれたおばあちゃんになる夢は一緒。

裕子ちゃん、また、ご飯作ってね。

カメレオン.jpg

(出窓にかざってあったブツ。こういうユニークなセンスが面白い)


posted by H.A at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック