2007年02月03日

遅ればせながら「私の頭の中の消しゴム」

随分前にテレビで放映されていたのを録画したままになってました。
洗濯機がまわる間、ちらっと見るつもりが、はまりました。

「私の頭の中の消しゴム」

ヨン様?韓流?は〜?と思っていました。
恋愛映画はちゃんちゃらおかしい、とも思っていました。



記憶がなくなる彼女=妻を想う役の、
チョン・ウソン(男子です)がかっちょいい。


ワイルドでタフでクール。
福山雅治似のチョン・ウソンにほれました。

ストーリーもよいです。

主役の女子がしていた、
指をかみながら泣く、という演技は、
どこかで使ってみたいと思います( ̄‥ ̄)・・・(来世にでも)


posted by H.A at 06:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も何ヶ月か前にレンタルして観ました。
同様に「恋愛映画はちゃんちゃらおかしい」派なのですが・・、
涙が出そうになってきました。あんなに(特にあのお医者さんなど)わざとらしく、うまくなさっぽい演技も随所にあるのにもかかわらず。
ストーリーとそこに流れるまっすぐさが良いのでしょうね。

Posted by かっくん at 2007年02月03日 13:08
かっくん
DVD買ってしまいました。。。
「まっすぐさ」はどこかに忘れてきたようです。「私」が、なのか、「日本」がなのか、わかりませんが・・・。
Posted by 仁美 at 2007年02月04日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック