2013年01月14日

白砂糖

お正月にBSで放送された山田洋次監督の『遙かなる山の呼び声』(1980年)、
健さん(高倉さんね)主演の映画。
北海道の美しい自然と、そこでの人間模様、カッコイイ健さんを楽しみながらも、
ストーリーがね、大人を泣かせます。
悲しくて泣くんじゃなくて、優しい気持ちが嬉しくて泣くという、泣く。


さて、画中に紅茶やコーヒーを飲む場面があるのですが、
当たり前のようにお砂糖を入れるのです。
自分のだけでなく、人のカップにも。

今でこそ、健康志向で糖分の抑制というのは、大人には当たり前になっていますが、
当時は、まだそうした意識はなかったかもしれませんね。
(よく知りませんが)
昔は砂糖は高級品だったそうなので、その名残があるのでしょうか。

白砂糖.jpg
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック