2012年12月31日

引きこもりではない

2012年の振り返れば、『引きこもり』ではなかった一年だった。
(ここ数年引きこもりだった)

学会で国内外とあちこちに行き、諸先輩方から学術的指導をいただいた。
仲良くなったママ友からは、女性文化をご指導いただいた。
仕事仲間からも、あらゆる刺激や自己研さんの機会をいただいた。
教育においてもゼミ指導、また理解できる授業の実施と、学生には鍛えていただいた。
(学生は、面白くない時は見事に面白くないという顔をして寝る、容赦が無い)

とにかく愉快で有意義な時間を過ごすことができた。
(もちろん、けっ!と思うこともしばしばあったが、忘れた)
感謝感謝感謝。

反省をするならば、『ひきこもり』時にしていた沈思黙考が不足したことか。
ひきこもりを脱出したからと言って、夜の飲み会が多かったわけでもない。
(夜10時就寝ですからね)
ということは、なんやかんやで、これまで捻出していた研究時間を、
私が作っていなかった、ということだろう。
いかん!

引き続き、ステークホルダーの皆様に仲良くしていただくためにも、
私自身の成長に力を注がねばならない。

な、と反省し、皆様に感謝し、2012年を良しとしよう。
北島三郎の「風雪ながれ旅」が、アイヤーアイヤーと励ましてくれる(だろう)。

今年も、あなたにお世話になりました。
posted by H.A at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック