2012年12月27日

腹ただしいのは、自分

2012年度、二つの大きな調査を行ってきた我がゼミですが、
今年最後のビッグイベントは、12月21日に行った、
広島修道大学 三浦ゼミとの合同研究会。
学生曰く、社会人の方には何度かプレゼンしてきたけれど、
同世代へのプレゼンは緊張する!とのこと。

まずは、三浦先生の声掛けで、仲良くなるタイム。
まずは仲良く1.jpg

さあ、始まりです。
合同ゼミの様子.jpg

マップ作成についても説明します。
マップについても説明.jpg

質疑に対しては、リーダー、サブリーダーだけでなく、皆で対応。
皆で質疑応答.jpg

企業の方への報告会は、私も質疑に参加し答えるのですが、
今回は合同研究会なので、一切助け船を出さなかったのです。
また、まったく内容を知らない別の大学の学生さんからの質疑は、シンプルなあまりに答えにくい。

なので、終了後、質疑に対し、ちゃんと答えられなかったとゼミ生が泣くのです。
悔しいのは、ちゃんと答えられなかった自分のふがいなさ。
2012年最後に、よい体験をしました。

posted by H.A at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
泣き上戸のおはまは一緒に涙しました☆
Posted by おはま at 2012年12月27日 23:30
おはまさん
あら、ステキ!
いくつでも「硝子の少年」時代♪
Posted by H.A at 2012年12月28日 05:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック