2012年12月13日

寒がりの苦悩―北風と太陽

私は超寒がりだ。
なので、冬場もクーラーのきく夏場も、カイロを常備している。

肩凝りでもあるので、しばしばマッサージに行くのだが、
寒がりだからこそ、より凝るであろう冬場は、
寒がりゆえに、行くことができない。
なぜならば、マッサージしてもらうベッドが冷たいからだ。
また暖房が行き届いてないお店もあり、
凝った身体をもみほぐしに行ったはずが、余計に凝り固まる、という経験をしてきたからだ。
(温かいデパートなど大きなビルの中にあるマッサージ屋さんは、まだ大丈夫)

食事に行くお店も寒くて、これまた体を冷やしながら食べる、ということがよくある。
路面店など窓やドアがテーブルと間近にあるところなど、絶対寒い。

しかし、先日、食事でもしますか!と
流れでふいに入った三田のイタリアンレストラン ポルコロッソは、
私の席に暖房の風があたって、温かかった。
http://r.gnavi.co.jp/b044801/
温かいので幸せだった。
「北風と太陽」でコートを脱がされた男性の気持ちがよくわかる。

三田のイタリアン.jpg

会話は楽しいし、ワインとチーズフォデュも美味だし、最高。
楽しい12月も、あと半月で終わり。
今年もまもなく終わりますね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック