2012年09月13日

低温殺菌牛乳

私がオージービーフを毎日たらふく食べていたと同じ時期に、
我が家の女子高生(以下JK)は北海道に行っていた。

生乳生産量は全国の約40%という北海道で牛乳の知識を得てきたJK。
低温殺菌牛乳が美味しいから、我が家もそれにしようと言う。

低温殺菌牛乳とは、65度の低温で30分間程度ゆっくりと煮沸した牛乳のこと。
その他の牛乳の煮沸時間は、高温で2秒程度、なので大量生産が可能となる。

低温殺菌牛乳.jpg

そうかい、と買ってきて飲んでみたら、これがマジに美味しい。
牛乳独特の匂いが無いのだ。
なので、ここ最近は毎日低温殺菌牛乳にお世話になっている。

ただ、一つ難がある。
低温でゆっくりなので手間ががかる、
大量生産できない、
つまり、それなりのお値段になるのでございますよ、あなた。

先日、スーパーで1リットルパックをざっと眺めてみた。
低脂肪乳だったら100円ちょっとで売っている。
「おいしい・・・」など、美味しさを売り物にした牛乳は250円前後。
そして、この低温殺菌は350円前後。
美味しさと価格はトレードオフ。
さあ、何を削る???




蛇足ながら、上の写真の低温殺菌牛乳。
その後、カルアミルクに変身!

カルアミルク.jpg

カルアミルクも一層おいしくなる!
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック