2012年09月12日

「夢売るふたり」

西川美和監督の作品に間違いはない。
過去の「ゆれる」、
http://bouchukan.seesaa.net/article/23540758.html
「ディアドクター」、
http://bouchukan.seesaa.net/article/127412779.html
両作品とGOODでしたが、この「夢売るふたり」も見ごたえあり。
http://yumeuru.asmik-ace.co.jp/

他人にはわからない夫婦の関係が絶妙に描かれている。
また、女性監督ならではの辛辣さで、女性のあさはかなかわいらしさが、
しっかり表現されている。
最後は、ハッピーエンドではないけれど、夫婦のつながりみたいなものが残って、
辛くはない。

ただ、何かのインタビューで西川美和監督が描きたかったという夫婦が寄り添って眠る図。
これは、どうかなあ。
私なら明け方に帰った夫が、リビングで寝ている妻を抱えてベッドまで行って、
別々に寝る、という描き方をするかも。
うーーん、どうかなあ。

と、いろんなことを考えさせる大人の映画。
大人が一人で見る映画。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック