2012年04月08日

現実と理想の間

毎年のことだが、温かくなってきたので、心身ともに(異様に)元気になってきた。
今から冬までに、どれだけ生産性(仕事だけではありません、いろんなことを含みます)をあげるかが、
私の1年全体の成果を左右する。

それにしても、冬の調子の悪さは、真面目に困る。
寒いことが、というか、寒さに耐えられない心身の弱さが悪いのだけれど、
できれば冬は暖かい国で仕事ができる、そういったライフスタイルにしたいものだ。

さて、元気になってきた最近は、以前も書いたように、内田樹氏の書籍を読んでいる。
彼の著書は、読み飛ばすことができないので、そこそこ時間がかかる。
とはいえ、世の中の事象を、巧みな言葉で表現している文章や行間を味わうのは楽しい。

今日も、桜を愛でながら、読書しましょう。
posted by H.A at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック