2006年10月13日

見えざる資産

本日10月13日金曜日の中国新聞25面。

大和新聞.JPG

【アナウンス】
大和班のゼミ活動の様子が、学生のレポートという形式で
掲載されております。
見てやって下さい。

活動を全面的に支えて下さった大和ミュージアムの相原さん、
ありがとうございます。

【教育的に】
マスメディアに取り上げられることは、
学生の学ぶモチベーション向上、
認められた感につながると考えています。

メディアの皆様、いつもありがとうございます。

【経営学的に】
横20センチ、縦28センチの記事です。
大学として、どれだけの広告宣伝効果があり、
レプテーション、ブランドに対しての影響があると考えられるか、
海ゼミ 兄弟子の きたみっち 教えてくださいまほ。
ブランドに関しては おぐっち でしょうか。




にしても、

「13日の金曜日」とは


縁起が良い。
posted by H.A at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新聞記事、拝見しました。弊社の名前も出して頂き、感謝しております。ただ、あれっ?と思ったのは、OOゼミとか、指導教官OOというような表現で、粟屋先生の名前がどこにもなかったような気が・・・。見落としであれば済みません。話しは変わりますが、本日より23日まで「呉が創ったアートたち展」の一会場として、ガラス工芸の個展を開いています。お時間があれば、お立ち寄り下さい。また、来月中旬より、「酒饅頭」がデビューする予定です。(当然、ありふれたものは作りません。)是非是非、ご試食にお出で下さい!お忍び OK(笑)。
Posted by 三宅清嗣 at 2006年10月13日 16:59
三宅さん
新聞記事、気づいていただきありがとうございます。記者さんと相談の上、あえて「粟屋」の名前は出していないのです。
「お忍び」いいですねえ。来春には行きたい!
Posted by 仁美 at 2006年10月14日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック