2012年02月15日

『続 大人の流儀』

以前『大人の流儀』を読んで、面白かった。
http://bouchukan.seesaa.net/article/227959933.html

比治山大学の図書館をうろうろしていたら、続編を見つけたので早速、読書。
『続 大人の流儀』(2011)伊集院静 講談社

破天荒だけど、こだわりのある男の粋が書かれている。
時折、爆笑する表現もあるので、電車の中などで読むときは気をつけたほうがよい。

しかし、一番びっくりしたのは、著者の名前。

「はいからさんが通る」(大和和紀著)という漫画、ご存じ?
私は、この漫画が大好きで、中学時代に勉強机の中に全巻をしのばせて、
勉強する振りをしながら、暗記するほど読み返していた(で、この有り様)。
主人公のラブロマンスのお相手である少尉の名前が「伊集院静」。
そこから作家名をつけたらしい(p.97)。

知らなかった・・・
ご存知でした?

ま、そんなことより、
「世の中の肌触りを覚えるには、理不尽と出会うのがいい」という男っぷりを、お楽しみください。
さらっと、読めますが、心に残ります。
posted by H.A at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Σ(゚ロ゚ノ)ノ
私も全巻揃え、当時は一日全巻読まないと気がすまないくらいハマっていました!!セリフも頭に入っています!そして今も青春(古)の思い出として手元に置いていますf^_^;
がしかし…少尉の名前は『伊集院忍』ではなかったでしょうか…!?
Posted by kyon at 2012年02月17日 14:59
確かに。そこまで伊集院氏は書いてなかった!変えたのかな。
Posted by H.A at 2012年02月18日 06:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック