2012年02月11日

どうしても観たかった映画

映画「しあわせのパン」
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/intro.html

広島在住の私が、新宿で鑑賞。
そこまでした甲斐がありました。。。琴線に触れました。

しあわせのパン.jpg

セリフは冗長でなく、役者さんの視線や演技、北海道の広大な風景から、メッセージが感じられます。
丁寧に作ったパンを分け合うこと、
自分を肯定して初めて人を幸せにできること。

ストーリーは、夏、秋、冬とパン屋を訪れる人のエピソードで成り立っています。
特に大雪の日に訪れた老夫婦の姿は、観客の涙を誘いました。

また、ラストシーンでは主題歌、矢野顕子の「ひとつだけ」が流れるのですが、
その歌詞も、丁度私の心情にヒットし、エンドロールの間もひとりでポロポロ。
隣の見知らぬ人は、びっくりしたと思います。




ただ、毎度のことですが、前の日の寝不足がたたり、
あれだけ楽しみにしていたのに、映画の前半をうとうと。
だから、また、広島で公開されたら観に行きます。

「しあわせのパン」おすすめ。
posted by H.A at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック