2012年01月28日

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

戦艦大和が造られた呉で育った海軍好きなモノとしては、観ないわけにはいかないと鑑賞。

映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』
http://isoroku.jp/index.html (音でます、気をつけて)

山本五十六の心情を静かに綴った映画。
なので、戦争映画の派手なドンパチはそこまでないし、
ご本人は、戦争途中に亡くなっているので、
盛り上がり感もない大人の映画です。
なので、映画館でも前の方から男性の大きないびきが聞こえてきました・・・

しかし、キャストは豪華で見ごたえがありますし、
戦争を反対した人が、戦争の火ぶたを切ることになったというやり切れなさが伝わってきます。

日本の不条理(慶應大学の菊澤先生がよく論じられています)が如実に示された映画です。
posted by H.A at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック