2006年10月03日

男といふもの

昨秋頃より、

オトコがしっかりしないといけない。
とか
オンナが不安になるのは、不安にさせるオトコが悪い。


みたいな、台詞を、雑談の際に
何人かの男性から聞いたことをふと思い出した。

いや、なかなか男前の発言。









ただ、










その男気のある台詞を誰が言ったか覚えていない・・・
3人ぐらいはいる。
すごく、その時は感動したんだけど・・・


また、
男気をあえて口に出さない人の方が多いこともわかっております。
posted by H.A at 20:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オトコに一息の安心を与え、甘えさせるオンナもいいなと思いますが。
そこは、ひとそれぞれでしょうかね?
Posted by J-PECO at 2006年10月03日 20:54
そうですね。昔は平等主義者だった私もこの年になって、
 「どんなに時代が変わっても男は女性を守るもの」
と思うようになりました。そして、
 「女性は男に守られるような、愛おしい存在である事」
であるべきなのでは無いでしょうか。
なので 仁さんの生徒さんが男言葉を使うようになったら往復ビンタしてでも修正して上げてください。

あくまでも私の持論ですけどね。
Posted by Jose at 2006年10月04日 09:19
J-PECOさん
オトコもオンナもお互い相手に求めてしまうのでしょうか・・・理想の相手と、実際選ぶ相手も違って、一番信じられないのは自分かも。

Joseさん
我ながらやぶへびなブログを書いたようです・・・にしても、行き着くところは演歌の世界なのではないかと、この年になって思います。じっと待つ、耐えた待つのがオンナでしょうか。

皆様
私の文章表現の稚拙さより、自分の伝えたいことがうまく表現できておらず、男性には???と思われた方もいらしたみたいで失礼しました。若干本文も修正しました。一生懸命がんばれば報われる「オトコ」っていうのはいいなあ、常々思っております。
Posted by 仁美 at 2006年10月04日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック