2006年09月24日

遊就館

靖国神社の「遊就館」。
戦争賛美のミュージアムに思えると感想を述べるヒトが多いので、
実際に行ってみた。

靖国神社.JPG

うーーん、どうかなあ。
私は知識も見識も浅いのでここで論じるのは控えるが、
私的には、戦争賛美には思えなかった。
日本政府から見た戦争の歴史かな。

日本がいかに資源が少なくて、
各資源の残量が当時何ヶ月であったかも表にしてあったらから、
当時の浅はかさを反省する場でもあるような気がする。

政府からみた歴史は「遊就館」、
当時の科学技術の歴史は「大和ミュージアム」、
それに参加した若者たちの歴史は「江田島海軍術科学校」、
生活の歴史は「昭和館」、
と視点をかえて見てみる必要はある。
海外の類似ミュージアムも行ってみたら、
また違う観点が発見できるかも。

靖国神社庭.JPG

境内の裏にあった庭で散歩。

posted by H.A at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一面だけで判断するには先の戦争は重い。
。。。
その点、いろいろな視点でミュージアム
に行くのは子供はもちろん大人も必要です
ねぇ〜。。。
ちなみに、戦勝国のミュージアムもある
意味面白いですぅ〜。スミソニアンとか。
日本人的には( ̄  ̄メ)でしたが。。。
Posted by たかにぃ at 2006年09月24日 22:48
たかにいさん
へえ〜、またいろいろ教えてください。
Posted by 仁美 at 2006年09月25日 19:30
靖国神社についてのコメントは控えることにしている。坂本竜馬も吉田松陰も橋本左内も祭られている。土方歳三も近藤勇は祭られていない。西郷隆盛も大久保利通も祭られていない。
英国には戦争博物館も陸軍博物館もある。英国が関与したすべての戦争の博物館である。1995年 ロンドンではJVデイ(日本戦勝50周年)の軍のパレードがあった。
以上コメントは避け、ファクトのみを書き込みました。
Posted by はー at 2006年09月25日 22:57
はーさん
知識は幅広く深くないと何もわからないんだなあ、と思わせる建物&はーさんのコメントでした。
Posted by 仁美 at 2006年09月27日 06:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック