2011年12月19日

19歳の恋

2011年度のゼミの〆は、いつものクリスマス会。

2011ゼミ年末.jpg

ケータリングの食事を食べながら、北朝鮮の今後を憂う・・・

といったホットニュースも話題にしながら、
一人ずつ、今年の反省と来年の抱負を言う。
みんな、それぞれ適切に自分を分析していて、かわいいねと思う。

反省と抱負に加えて、各人の恋バナも暴露。
私は、ここ数年忙しくて、学生とそんな話をしばらくしたことがなかった。
久しぶりに、19歳の恋に耳を傾けてみた。

いろいろな想いを抱えているよう。
ゼミ生が、それぞれ話す想いをまとめるならば、以下。



人は自分がかわいいから、自分に優しい男の人が好き。
 ↓
接近してくる男の人は最初は優しい。
 ↓
しかし、最初だけ優しい人と、ずっと優しい人がいる。
ずっと優しい人ならばOK。
 ↓
そうでないならば、それは勇気をもって別れた方がいいと思う。
 ↓
そこで、よし決別!と心に決める。
 ↓
しかし、そういう時に限って、優しい言葉の溢れたメールが届いたり、
会おうよ、と言われる。
 ↓
振り切ることができない。


あどけない顔をした19歳と20歳が、切ない恋を話す。
何歳になっても、恋は切ない。



と、そんなこんなで解散。

その後も、卒業アルバムの作業をするために、遅くまで残っていたミキちゃんが、
(小柄なのに、たくさん食べてて、見てて気持ちよかったよ)
働き始めたら、お給料で、私が大好物だと言っている長崎堂のバターケーキを買って、
(買うのに、並びます)
訪ねてきてくれるのだと言う。

ありがとね。
叱り飛ばしたこともあったけど、皆、かわいいかわいい2011年度のゼミ生です。
また来年会いましょう。
posted by H.A at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック