2006年09月12日

隅田川のほとりで叫ぶ

「少し広めのお部屋をご用意させていただきました」
の言葉に気をよくして部屋へ。
ラインダンスが踊れる。
おまけに、マッサージチェアわーい(嬉しい顔)

東京新阪急ホテル築地

フロントは1階ですが、客室はすべて33階以上。

月島.JPG

窓から見える風景は隅田川、月島方面。
手前に昔ながらの家やお店。
奥に高層マンション。

ホテルの高層階から見下ろしながら
数え切れない小さな箱の中にいろんな生活があって、
それぞれ皆怒ったり笑ったり泣いたりしてるんだな〜。

で、叫びたくなる。
















「ばかやろ〜」















とは叫びませんが、
自分に言い聞かせるために
大きな声で外に向かって決意表明することもあります。

さて、このホテル、名前の通り築地にあります。
池袋や新宿に用事があっただけに、遠い・・・

諸般の事情でタクシーを我慢している私は、
最寄の駅から迷い、真夜中に聖路加病院の周囲を徘徊。

怖かったべ・・・ふらふら
posted by H.A at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真夜中の聖路加を徘徊するあなたに会ったら?
Posted by 海 at 2006年09月12日 21:47
海先生・・・座布団一枚没収。今後のより鋭いボケ&つっこみに期待したいと思います。
まじめに答えれば、真夜中徘徊している私に会えば、高齢者福祉対策を企業がCSRの一環として取り組むべき!という仮説にいたりましょうか・・・
Posted by 仁美 at 2006年09月13日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック