2011年10月13日

水曜日の朝と男子学生

後期の水曜日の1コマ目は、広島修道大学に講義に行く。
http://bouchukan.seesaa.net/article/227871984.html

9時からの授業にも関わらず、諸般の事情により、朝早い私は、
7:50には広島修道大学に到着している。


おそらく早番であろう一人の職員の方の出勤時刻とほぼ一緒のようなのだが、
昨日は私の方が早かったようだ。
私が早すぎるのだ。

そんなに早く着いて何をするかというと、まずは朝食のお弁当を食べる。
それから歯磨きをして、身づくろいをして、コーヒーを飲む。
家か!

非常勤講師室に他の先生が来られるのは、早くても8:40くらいなので、
それまでは一人だ。
なので、一人の時間を有効活用して、一仕事はできる。

水曜日の朝.jpg

9時前には、「よしっ」と心の中で掛け声をかけて、講義室に向かう。
比治山大学ではほぼ女子学生なのに、
広島修道大学の講義の受講生は皆、男子学生。
女子もかわいいが、男子もかわいい。

昨日は、講義途中のアンケートをとった。
(広島修道大学がそういう仕組みになっていて、とらざるをえなかった。
 15回終了後にとるよりは、こうして途中に意見を聞く方が、その後に反映できて確かによい)
アンケートは、私にとっては嬉しい結果であり、ほっとする感想も書いてあった。
ああ、よかった。

このように水曜日は、朝からフル回転で動くので、16時ころにはヨレヨレしている・・・
posted by H.A at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック