2006年08月28日

Simple is best

なぜパリっ子がオシャレといわれるのか、
じーーーーっと観察した。

装いは極めてシンプル。
ジーンズにシャツにセーター。
もしくは、トレンチコート。
女子にいたっては、後ろ一つ結わえ髪。
(日本では「芋姉ちゃん風」と言われる)
ほつれ髪もナイス。
(日本人だったら、だらしないから、ちゃんとまとめろ、といわれる。)

結局、スタイルがよいのと、
左右からぐっと圧縮したような細長卵形の顔かたちと
顔の端正さと堀の深さが、
何を着ても、どうやってもかっこよく見える。

もちろんセンスがいいのも否めない。
子供服ショップのショーウインドーに飾られてる姿が
とても洒落てた。

子供服.JPG
posted by H.A at 19:43| Comment(6) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大昔は全身ラルフなんて嫌味な男子だった
僕は、パリ&ロンドンに行っていろんな意味でホントのお洒落を学んだなり〜♪

答え
「センスとボディラインと、何より中身
・・・」
Posted by たかにぃ at 2006年08月28日 23:47
昔、全身ラルフなんで嫌味な男子でし
たが、パリ&ロンドンでお洒落とは??
っと見て考えた結果、

「センス、ボディライン、何より中身・・・」

歩く表参道にはならぬよう、日々精進っす
☆(腕立て伏せとかetc)
Posted by たかにぃ at 2006年08月28日 23:54
来月、ロンドンへ行きますので(トランジットも兼ねてですか゜)、ヒースローの様子も教えて下さい。パリの子は背伸びしてないオシャレ。不自然さはオシャレでない。それだけのような気がします。あちらの子から、日本人の黒髪は羨ましいと切実に言われたこと、あります。日本の子、羨ましがられてること、わかってるかな?欧州の真似は、真似でしかないと判っていて真似するんならまだ良いですけど・・・。
Posted by 三宅清嗣 at 2006年08月28日 23:58
ロンドンで遊んでいた頃、センスのよいジャケットが欲しいと思ったが、すべてだぶだぶ、袖なんか長すぎ。結局、何も買えず
ネクタイのみ。
ちなみに、私は身長183cm 体重76kg
けっしておかしな体型ではない。欧米人は胸板が厚く、手足が長いのだと十分に認識できた。
Posted by はーさん at 2006年08月29日 08:36
たかにいさん
うでたてふせは中身?

三宅さん
そうですか・・・黒髪とはなぺちゃを美人の象徴にしたいものです。

はーさん
確かにトムは胸板が厚い。
Posted by 仁美 at 2006年08月29日 19:47
文武両道??
Posted by たかにぃ at 2006年08月29日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック