2006年08月28日

「戦争を知らない人のための靖国問題」「失はれる物語」

「戦争を知らない人のための靖国問題」上坂冬子/著 文芸春秋

靖国問題.JPG

大和班と「大和ミュージアム」を研究するに際し、
興味を持ったあの頃。
時に小泉さんが8月15日に参拝した云々で物議をかもした一件。
著者いわく、歴史をまともに学んでいない勉強不足知識不足の多くが、
首相参拝について議論するには至らない、と一喝。
おっしゃるとおりでございます。

続いて、
「失はれる物語」乙一/[著] 角川書店

失はれる物語.JPG

読書好きの学生がこの著者の作品が面白い、と言っていたので、
手にとって見た。
短編集。
特に表題作「失はれた物語」は
事故にあい、一本の指しか動かない主人公の
自分の気持ちを表現できない悶絶をつづったもの。
いさかいが増え、心にも無いひどい言葉を投げかけてしまっていた
妻に対して、謝ることもできない、つぐなうこともできない状態。
殺してくれと伝えることもできない。
後悔先に立たず。
posted by H.A at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック