2006年08月17日

かわいい彼女

2,3年前から知っていたが、
最近たまたま行動を共にする機会が重なった同世代の彼女。
化粧っけが全く無く、いつもTシャツにゆるめのジーンズ。
髪の毛も後ろで結わえただけ。
大またでガンガン歩く。

ここまで外見に気を使わないのってアリ?。

よく聞くと看護士さんだとのこと。
白衣の天使との乖離に爆笑。
患者さんが「○○が痛い」というと

「気のせいじゃろ(こてこて広島弁です)

行動が大胆で性格がおおらかで声もでかいし、よくしゃべる。
彼女には二人子どもがいて、
「おかあちゃん」と呼ばせている。

いまどき「おかあちゃん」ってアリ?

と、私の価値観からはびっくりするようなことばかり。

しかし、といっては失礼だが、彼女の娘がべっぴん。
それに、オットさんが、男前。

これってアリ?なんで?(ごめんよ、彼女)

この豪快で面白いことをゴーゴーしゃべる彼女が、
オットさん登場すると、何だかしおらしい。

また洋服に気を使わないといけない役割になった彼女、
前日から「困ったのう〜」と大声。




当日・・・










シックなスカートと華奢なサンダルカバンで登場ぴかぴか(新しい)





とてもステキだったのです。
ただ結わえただけの髪の毛をおろし、
スカートで楚々と歩いている(ように見える)
センスもいい!

なるほどね、かわいいじゃん。



大胆な態度や発言に、繊細な気配りが見え隠れする彼女。
おしゃれするととってもかわいい彼女。
何よりオットさんの本質を見抜く力に乾杯バー

「うちら、ええコンビじゃね」

彼女に言ってもらえて、とても嬉しい私。

男子諸君。
外見がかわいい女子は多々いるが、
半年で飽きる。
彼女みたいに、味のある女子がお勧め。
死ぬまで笑って暮らせる。

「俺の彼女、実はいけてるんです」っていいじゃない!
posted by H.A at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック