2011年09月05日

昭和の残り香

Facebookで、立教のお姉さま方がよかったと書かれていたので、
8月の終わりに私も足を運びました、改装したキャピトル東急ホテル。

このホテル、12,3年前に宿泊したのですが、とても良かったのです。
古かったので安価でしたしね。

http://bouchukan.seesaa.net/article/28290916.html

改装前の部屋には障子があり、よき昭和のホテルという空気が満載でした。

このたびは、宿泊ではなく(改装代が転嫁されているのでしょうが、部屋代が無茶高)、
オリガミでランチ。


小食の私はブイヤベースセット(サラダと、ブイヤベースと、パンと、コーヒー)。
全体的に量がちょうどよいし、何よりブイヤベースが美味しい。

オリガミのランチ.jpg

食後にマブダチとしゃべりまくっていると、
スタッフの方が何度もコーヒーを注ぎたしてくださいましてね。
水分命な私としては、とてもうれしい。

ただ、ホテルから昭和の香りはぬぐいさられ、
機能的な現代チックな雰囲気になっちゃいました。

そうはいえ、テーブルに飾られているお花が、松っぽいお花で、
そこに和と昭和の残り香を感じました。

オリガミの花.jpg

今度は泊まってみたいなあ。
posted by H.A at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック