2011年08月28日

「冷静と情熱の間」ではなく、「平成と昭和の間」

お気に入りのホテル、お茶の水にある山の上ホテルに、
今夏も泊まりました。

2011夏の山の上ホテル.jpg

2006年版
http://bouchukan.seesaa.net/article/22310571.html
2010年版
http://bouchukan.seesaa.net/article/159061155.html

ホスピタリティは変わりません。
チェックインした際に、メイドさん風の制服を着た女性スタッフが
お茶とお菓子を持ってきてくれるのも、

山の上ホテルのお茶.jpg

ホテルの出入りに、細かく声をかけてくれるのも、
建物は古いのに、小奇麗で匂いもしない清潔感も、
変わりません。
え〜な〜。

山の上ホテルにはこのままでいてほしい。


さて、昨夏宿泊した際、きっと次回は薄くなっているだろうと思ったテレビ。
薄くなっていました。

山の上ホテルの薄型テレビ.jpg

時代に抗えなかったようで、ちょっと寂しい。
でもテレビが見られないと困るし。

なお、ネット環境はよくありません。
なので、今回も使えず。
不便のようですが、ツイッターやFacebookやメールに気を取られず、
自分のしたい仕事ができるというメリットはあります。

このようにITから分断された生活をするのも、時にはいいかも。
平成と昭和の間で。
posted by H.A at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度ここでてんぷらランチしましょっ
Posted by おはま at 2011年09月03日 09:17
おはまさん
賛成,快諾,了解,絶対。
Posted by H at 2011年09月04日 06:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック