2006年08月12日

「出口のない海」

出口のない海.JPG

映画化される原本だから手に取ったわけではない。
「半落ち」の著者 横山秀夫の作品だから選んでみた。
加えて前夜、海の仲間達と
ミリタリー談義に花が咲いたこともきかっけの一つ。

うーーーん、うーーーーん、どうかなあ。
あの時代のことだから、不条理になぐられるのです。
戦争の話だから、ヒトが死ぬのです。
よって、別れを覚悟した切なさや、
どうしようもなさや、辛さもあるのです。

戦争をテーマにした小説や本は多い。
正直、またか。

ただ、職業柄、野球部だった大学生達が、
野球できなくなり、招へいされていく様は
心がちぎれる想いがします。
posted by H.A at 21:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

出口のない海
Excerpt: 9月16日から映画 出口のない海 が公開されます。原作は、横山秀夫氏の同名の小
Weblog: 創造君パパの苟日新、日日新、又日新(mixiと連動)
Tracked: 2006-08-13 21:59