2011年07月12日

コールドゲーム

夏の高校野球の予選,地方大会が始まっている。
甲子園とは違って,多様な力のチームが戦うので,
特に1回戦は,コールドゲームが半数を占める。

わざわざ言うまでもないが,
野球をするための高校(選手を集め,優秀な監督を招聘し,学校上げて応援する)もあれば,
野球をしたい部員が集まって野球部を維持していく高校もある。

コールドゲームで残念な結果になるのは,後者の高校だけど,
負けた悔しさは,どこの高校でも,どの高校生でも一緒だろう。
今年の夏が,次々と終わっていく。

特に今年の暑さは,白球を追う若者たちに容赦ない。
13回延長7−7の同点でありながら,
痙攣を起こしたり等,故障で選手が足りなくなり,
判定負けとなった高校もあった。

体調管理不足と言ってしまうには,あまりに酷だ。
勝っても負けても辛い。

今年の暑さは,スパイスとなり,
高校野球をよりドラマティックに盛り上げてくれるようだ。

私も,この暑さの疲れからか,今朝は目覚ましの時計を押さえて二度寝したようで,
つまりは,寝坊した。
慌てて飛び起きて,床の上を整理しようとしゃがんだら,
寝起きの身体には相当の負荷がかかったようで,右ひざを痛めた。

私の平凡な日常の夏は,まだまだ続く。
posted by H.A at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック