2011年04月15日

ふりかけ

朝、お弁当を作っていて、以前もらったふりかけのことを思い出した。
同じ学科の先生が、田中食品株式会社とふりかけを共同研究していることから、
おすそ分けしてもらったものを、おさめたままだった。

よく見てみると、じゃん。

戦艦大和ふりかけ.jpg

私の好きな、戦艦大和が!
その他にも船好きにはたまらない赤城、長門、陸奥、武蔵。
裏面には其々の性能まで記載されてある。

戦艦大和が好きなのは、決して戦争賛美をしているわけではなく、
当時の英知が結集している戦艦に、
当時の日本で最も賢かったであろう人の集まりである海軍の悲哀が感じられるという矛盾が、
気になるからなのです。

わかりやすいところでいえば、何しろ戦艦大和には、
エレベーターもクーラーもついていたというのですから。
(今では当たり前の技術ですが、当時の日本では最先端です)

そうした賢い人たちが、なぜ戦争をしたのか。

技術と知識(知能)の矛盾、この理論的な分析については、
慶應義塾大学の菊澤研宗先生が、
「組織の不合理」として多くの書籍に書かれています。
完全合理性ではなく限定合理性を持つ人間が、
自分に降りかかる取引コストを最小限にしようとする、
いたって合理的な判断により結果的にもたらされる「不合理」ということ。

菊澤先生は上記の矛盾を「不合理」と称され、
立教大学の亀川雅人先生は、「市場の失敗」を援用し「組織の失敗」と称されます。
こうした相違も面白い。

現在、毎日のようにニュースで報道される某企業のことも、
同様の不合理や失敗や矛盾が存在しているのかもしれません。
(真実がわかりませんので、推測です)




ふりかけの話から、組織経済学の話になりました。

ちなみに、ふりかけは、
大和、赤城、長門、陸奥、武蔵、どれも同じ味です(笑)
posted by H.A at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
組織経営の話はわかりませんが、同じ技術系の出として、技術の追及が美的な面でも人の感性にマッチしたものを生み出したということに、大和・武蔵を見て感心を覚えます。

大和・武蔵や零戦が今でも人々の心に残るのは、技術的な先進性と共に、人の感性を刺激するデザイン性があったからからと思ってます。

無駄口かもですが

Posted by みゼミ at 2011年04月15日 23:24
みゼミ先生
なるほど。それは機能美、というものなのでしょうかね。
大和は、すべて曲線でできているそうです。以前学生たちと調査したときに、大和の曲線は、今の進んだ技術では模倣できないと知りました。
余計に、気になります、大和。
Posted by H.A at 2011年04月17日 07:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック