2011年04月03日

平常心

新年度になり、気忙しい。
学内の役割分担も4年ぶりに変化があり、これまでと勝手が違う。

さて、ちょっと一息と、テレビをつけたら春の高校野球は決勝戦。
結局、昨夏は準優勝だった東海大相模が圧勝した。
昨夏は、沖縄の興南の圧倒的勝利だったから、
東海大相模も無念が晴らせたことと思う。

一方、今回準優勝となった九州国際大付属の球児たちも、最後まで粘った。
9回裏の最後の攻撃では、反撃成るか?と思わせた。
結果的に最後のバッターとなってしまった高校野球児は、
三振でアウト。
彼は、今夜は悔しくて眠れないだろう。

その最後のバッターは、テレビの画面から、
よし、打ってやる、ランナーを返してつないでやる!の思いでいっぱいなのがわかった。
だから肩に力が入った。
結局、思いは届かなかった。

なんて、ここに冷静に評論家ぶって書くのは簡単だ。
9回裏バッターボックスに入るのは、想像を絶する緊張だろうし、
それが部外者にわかろうはずもない。

平常心を保つのは難しい。
ここぞ!という場面で保ち続けるのは、もっと難しい。
難しいよなあ。

我が家の満開の桜が、
他人のことはいいから、お前が平常心を保てよ!と涼しげに笑っているよ。

2011我が家の桜.jpg
posted by H.A at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック