2011年03月07日

キムタクのヤマトは見てないけれど

呉の大和ミュージアムの姉妹館ができたと、昨年ニュースで見たので、
遅ればせながら足を運んでみた。

ヤマトギャラリー零
http://www.yamato-zero.jp/

迎えてくれたのは、

ヤマトギャラリー零1.jpg

ヤマトギャラリー零2.jpg

わくわくする。

松本零士氏の幼いころからの宇宙に対するロマンが満載のギャラリーだ。

このギャラリーを運営するのはNPO法人くれ街復活ビジョン。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1265696826426/index.html

何のNPOだい?と、ギャラリーのスタッフの方に根掘り葉掘り尋ねていたら、
スタッフの男性の方が気のいい方で、
いろいろ教えてくださった。

そのNPOは、呉信用金庫が母体らしい。
地元の金融機関が地域活性化にひと肌脱いだ、というところだろう。

ヤマトギャラリーのオープンは昨年の8月末。
何が何でも、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に結び付けて、
キムタクにPRがてら来ていただきたいものだ。

このギャラリー、ホスピタリティに溢れていて、
入場料300円と安いのに、最上階のカフェでコーヒーもいただける。

ヤマトギャラリー零3.jpg

松本氏がコーヒーにこだわりがあるとかで、
ここ専用のコーヒーブレンドをわざわざ作ったらしい。

やはりキムタクに来てもらって、全国区で宣伝していただきたい。




先日、三鷹の「ジブリの森美術館」に10年振りに訪れが、
オープンして久しいのに、相変わらずの事前購入、時間指定、時間入れ替えチケット制で、
盛況だった。
子連れの家族やら、外国人やら、人が多すぎ。

ジブリの森.JPG

このように人の流れの仕組みを作れば、
大和もヤマトも、もっと活性化すると思うんだけどな〜
posted by H.A at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい行きたい!!!

今年中にできればいきたいもんです。

Posted by 粟屋和弘 at 2011年03月07日 20:43
粟屋和弘さん
大和ミュージアムにはアナライザーがいます!
Posted by H.A at 2011年03月08日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック