2011年02月05日

ワークショップ「自分時間のすごし方〜充実した毎日のススメ〜」実施

広島まちづくり市民交流プラザと比治山大学短期大学部粟屋ゼミとの共催事業である
ワークショップ「自分時間のすごし方〜充実した毎日のススメ〜」を
先日以下のように実施しました。

▼日時=2月3日(木) 13:00〜
▼場所=まちづくり市民交流プラザ

@ 挨拶・オリエンテーション

まずは、まちづくり市民交流プラザの新谷氏。
総合的にお世話になりました。

新谷氏.jpg

総合司会でコーディネータは中国新聞社の増田(そうだ)姉さま。
この采配は素晴らしかったですね。

ワークショップ増田氏.jpg

Aまずは、比治山大学短期大学部「若者の余暇に関する意識調査」の発表による
問題提起。
大学生は「家でまったり」が大好き、さあ、これをどう考えるか、というもの。

ワークショップゼミ生発表.jpg

B次に、まちづくり活動団体に関わっている若者から、
いやいや、若者はまったりばかりしてませんよと、事例発表が3件。

事例発表の1件目。
中国新聞キャンパスリポーターの川元彩香氏(右側)。
そのキャンパスリポーターをまとめている中国新聞社の里田氏(左側)。

里田氏と川元さん.jpg

2件目は、
From grassrootsという団体の平尾順平氏。
平尾さんはひろしまジン大学というNPOの代表でもあります。

from grassroots広島.jpg


3件目は、小学生(低学年)のキャンプを主催する、さんらいずの手島恵理氏。

さんらいず.jpg


 〜休憩〜
 ※休憩中、会場レイアウト変更

Cそうした課題提起と事例発表を受けて、
課題解決に向けたワークショップを行いました。

 ・14:30〜 流れの説明
 ・14:35〜 アイスブレイク
 ・14:45〜 前半ワークショップ
 ・15:15〜 休憩
 ・15:25〜 後半ワークショップ

ワークショップ雰囲気.jpg



Dさあ、ラストに各グループの発表です。

ワークショップ発表1.jpg

ワークショップ発表2.jpg

ワークショップ発表3.jpg

ワークショップ発表4.jpg

ワークショップ発表5.jpg

Eまとめ
想定以上の面白いワークショップになりました。

その要因としては、増田さんの的を得た采配、
事例報告の内容が興味深かったこと、
新谷さんをはじめとするファシリテータの活躍、
そして学生たちの活発な発言があげられます。






私は、当日、進行や中身の充実は、増田さんと新谷さんにお願いし、
カメラ女子&茶菓準備係りの裏方に専念していました。
(最後ちょっとしゃべりましたが)

帰宅すると、体重が減っていました!(ないことです)
posted by H.A at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺のダチがいっぱい写ってます。

ネエヤンもサトダも立派な方々。
今後も使ってやってくださいな。
Posted by HAPPYMAN at 2011年02月12日 11:34
HAPPY MANさん
ネエヤンにもサトダさんにもお世話になりました。
HAPPY MANさんとネエヤンが偉くなられて,現場を離れられ,私は寂しい思いをしております。。。
Posted by H.A at 2011年02月13日 05:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック