2011年01月30日

北の宿から

天気予報が、この週末は冬将軍が日本に接近、と連呼する中、
虎穴に入らずんば虎児を得ず、と冬将軍に対面してきました(意味不明ですが)。

雪がゴーゴーと降る中、中国山地を南から北に縦断する出張です。

中国山地の雪.jpg

雪国の生活はそこに住んでいる人しかわからないのでしょう。

頭の中を
都はるみ(♪あなた、変わりはないですか〜)と
吉幾三(♪好きよ、あなた〜)と
石川さゆり(♪上野発の夜行列車降りた時から〜)の歌がグルグルします。

雪の中、たどり着いたところは松江。

松江駅.jpg

せっかくなので、日本海の美味いものを食べようと、同僚とホテルの一階の居酒屋へ。
(大雪で、外に出ることが躊躇されましてね)

さて、そこで初めて食べたのどぐろ。
ノドグロとは、アカムツ(赤鯥)のことらしい。
佐渡、能登、山陰では高級魚として扱われ。上品な味わいで、焼いても煮ても美味、とウキペディアに書いてあります。
確かに他の魚の2,3倍の値段でした。

のどくろ.jpg

高いだけあります。
身がほくほくとして、とても美味しい。濃厚で淡泊。

また、しじみ汁のしじみが、あさりかと思うほど大きいのです!
宍道湖から採れますからね。

おでんも塩味でおいしゅうございました。

松江おでん.jpg


今回は出張で来てるわけですから、早々に引き揚げ就寝。
翌日、仕事を無事済ませ、雪の中帰途につきます。
吹雪!


もうやけくそです。
雪の中でアイス.jpg

零下数度の中で食べるアイスは、頭がキーンとしませんよ。
posted by H.A at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック