2011年01月14日

ハモネプ

青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ,という番組が好きで,
年に1,2回ある放送を楽しみに見ている。
http://www.fujitv.co.jp/nepleague/hamonep/

高校生や大学生が,グループを組んでアカペラで歌を披露するものだ。
このレベルの高さが半端ない。

今回の優勝は,上智大学のグループだった。
ボーカルもバックもグループの雰囲気(一体感)も,確かに他のグループよりよかった。


高得点を挙げるチームの特徴は,以下。
@男女混合であること
 もちろん,男子のみのチームも高得点の場合もある。
 反対に女子のみのチームは難しい。
Aボーカルが目立ちすぎないこと
 ボーカルの声質や歌唱力は一番大事だけど,
 ガンガン大きな声で,ひたすら主旋律を歌うのは,高得点につながらない。
 時にバックに回ったり,裏声を使ったりして,全体になじみ,バランスをとることが必要。
Bボーカルが男子であること
 そして,女性歌手の歌を歌うとなおよい。

なんだか,組織と一緒だな,と思う。
男女が適度に混じり,ヒーローやヒロインで引っ張るのではなく,
組織の力を活かす,
かつ女性の歌を男子が歌うというような,あまり他がしないことをする。
なんていう組織です。

ところで,立教大学のグループも出ており,
立教っぽくない男子がボーカルで元気にガンガン歌い,
審査員や会場を盛り上げていた。
なぜか,決勝にも出場できたのだけど,
ハモネプらしくない選曲が,新鮮でよかったのかも。
また立教っぽい子たちがバックをしっかり固めて,うまかったのもよかったようだ。

この番組は,毎回見ごたえがあるので,オススメです。
posted by H.A at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック