2011年01月04日

井の中の蛙

2011年 明けましておめでとうございます。
本道は、小さなことからコツコツと努力し、
本道以外は、見ざる聞かざる言わざるで、些末なことに惑わされずに参りたいと思います。






さて、しばらくブログを更新していなかったのは、2010年年末からインドに行っていたからです。
(元旦夜には戻っていたのですが、疲れてダウン)
インドの成長というものが、いったいどういうものなのか、この目で見てみたいと思いましてね。
調査のためのプレ調査、という感じで、観光旅行してきました。

世界遺産のタージマハルとかね。

タージマハル.jpg

首都のデリー、タージマハルのあるアグラ、ジャイプールと
TATA財閥で作られたバスで移動したのですが、
アグラからジャイプールまでは、
高速道路が農民によるストのために封鎖される、ということが起きたため、
迂回して生活道を通らざるを得なくなりました。
途中50キロの移動で済む箇所を、120キロ近くの遠回りとなったわけです。
当然、舗装もされていない道をゴトゴトと。

インドの生活空間.jpg

これは、その中でも街の絵です。

いろいろと面白い体験ができました。
食事も口に合いましたが、中でも美味だったのが、チャイ。

インドのチャイ.jpg

トイレに行く回数を減らしたかったのですが、
これだけはバクバクいただきました。

ちなみに、ホテルや空港のトイレはこんな感じ。

インドのトイレ.jpg

ウォシュレットではあるのです。
(使いませんでしたが)
でも、TOTOやINAXがとても懐かしく感じた旅でした。
posted by H.A at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このウォシュレット、どうやって使用するのですかね??
股ぐらから突っ込んでシューっとやるんですよね・・・洋服が濡れないかしら・・・あと、なんか蛇口がどこかに触らないかしら・・・(失礼)
Posted by おはま at 2011年01月04日 14:38
おはまさん
お正月早々,ストレートな表現をありがとうございます。
トイレに常備してあるバケツを右手で持ち,水を汲み,左手で洗う,というのがクラシカルなインドのトイレ作法のようです。
これは右手でシャワーを持ち,左手で洗うのでしょう。
インドのクラシカルな服装は,下着をつけない作法のようなので,洋服の場合は,おはまさんの指摘のように使いづらいですよね。
慣れれば大丈夫なのでしょうが,私は使えませんでした。日本のトイレ技術は素晴らしい!!!
Posted by H.A at 2011年01月05日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック