2010年08月26日

カズは近所のコンビニにもスーツを着ていく

ま、いっか、とノーメークに朝から黒ゴムでくくりっぱなしで梳き直してもいない髪型で、
近所のドラッグストアに出かけた。
車だし、誰かに会うこともないだろう。


しかし、やはりそうした自堕落な態度には、神様はバチを与える。
ドラッグストアのレジには、昔、自動車メーカーで共に受付をしていたK先輩が、
アルバイトで働いている、ということを私はスッカリ忘れていた。
商品をレジ台に持って行ったところでそれに気づき、
私は、ああああっーーーーと悲惨な声をあげてしまった。

やはり、外に出るときは必ず、最低限の身支度はしないといけない。
自分も恥ずかしい目にあうが、他人様にも迷惑がかかると、痛烈に反省をした。





ところで、そのK先輩は近所に素敵な旦那さまと高校生の息子さん、小学生のお嬢さんと住まわれ、
毎年そうした家族の写真付き年賀状を送ってくださる。
ドラッグストアでのアルバイトは、家事と両立できることを考えた上での小遣い稼ぎであろう。

自分がしていた仕事ではあるが、某自動車メーカーの受付業務は、
皆が誇りとプライドを持って取り組んでいた。
今ではアウトソーシングされたが、当時は全員正社員であり、教育も厳しかった。
そこで鍛えられたK先輩のドラッグストアでのレジ業務は素晴らしい。
ドラッグストアのレジに、そこまでのホスピタリティやきちんと感は求められない。
言葉は過ぎるが、はきだめに鶴、とも言える。

仕事への心構えをK先輩の背中で教えてもらったような気がする。

K先輩は、私が自動車メーカーに籍をおいたままで、
比治山大学に勤務していると思われていた。

いえ、Kさん、私は10年前にはすでにM社は、退職しましたから。


posted by H.A at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック