2010年08月27日

天国と地獄

加齢に伴い、胃の機能が低下したのか、正常に消化できないものが増えてきた。
たとえば、アルコール、生魚。
豚骨ラーメンも、胃が上手に消化できない食べ物の一つだ。

あれが食べられない、これが食べられない、というと、単なるわがままに受け取られるであろう。
しかし、小さい頃は、好き嫌いはなかった。
今、食べられないモノがあるというのは、本意ではないのでご理解いただきたい。

アルコール、生魚、豚骨ラーメンと、こうした美味しいものが食べられないというのは、生き地獄に近い。
正確に言うと、食べられないのではない。
美味しい!と感じながら食べられるのだけど、食べた後に、顔がくしゃくしゃになって耐え忍ばなければならないほどの胃痛が訪れるのだ。
ほぼ一晩。

だから、極力そうした食べ物は、一口二口なめるようにいただくだけで、我慢するようにしている。



しかし、いつも愛読している某新聞社のS氏のブログに
無茶苦茶おいしそうなラーメンの記事があった。

http://happy-go-lucky.blog.ocn.ne.jp/pog/2010/08/post_a8a5.html

こうしたブログを読んでいると、我慢が出来ず、
自分の胃弱も忘れて、すぐさま食べに行った。

とろっとしたスープが固めの麺にからみつき、美味だった。
量もそう多くはないので、替え玉をしようかとか言いながら食べたものだ。
が、当然一人分で終わりにした。

いやーーおいしかったなあ。

満腹になった腹をさするような満足感を味わった1時間後から、
胃腸がひっくり返りはじめ動けなくなった。
フットワークがよいのは、時に手痛いオウンゴールとなる。



天国と地獄とはまさにこれ。

きっと懲りずに繰り返すな。
posted by H.A at 05:44| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しいものを食べて胃が痛むのはおかしいですね。精密検査をしてみましたか?私も年齢的には検査をすべきですが、つい面倒になって職場の健康診断しかしていません。しかし、痛いのは変ですよ。
Posted by 海 at 2010年08月31日 23:58
海先生
ありがとうございます。
10年くらい前の胃カメラで異常がないのに,痛いと言う状態でした。あれからずいぶん経ちましたが,検査に行くのが私も面倒くさい状態です。こじゃれた人間ドックがあれば行ってみたいものです。

Posted by H.A at 2010年09月01日 08:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック