2010年07月19日

わかっている

九州で公務員として働くゼミ生と、卒業以来初めてあった。
6年前に卒業しているので、今は27歳。
あの頃は、あどけない顔をしていた二人だが、
今では、いいお嬢さんって感じになっている。

あまちゃんとこめちゃん.jpg
(ランチの場所はhttp://hiroshima.keizai.biz/headline/777/

左は現在広島大学の学生をしているあまちゃん、
右が卒業以来になる、こめちゃん。

こめちゃんは私の顔を見るや開口一番、
「先生、全然変わりませんね。」



・・・ありがと、こめちゃん。
だけどあなたたちがいたころより体重は4キロ増えたし、
皺もシミも増えたよ、とわかっているって・・・(心の中の声)





さて、二人とも短大時代には、私の研究室の前の小部屋で、朝から晩まで勉強をしていた。
そこにいないときは、何か授業を受けに行っている時。
彼女たちは2年生の後期には、ある程度卒業単位は充足していたが、
大学の講義を受けることができるのは今だけだからと、
あえて、ありとあらゆる授業を履修し、すべて全力で学んでいた。
加えて、夜は公務員の予備校に通うダブルスクールの女子だった。

当時、彼女たちの学ぶ姿に頭が下がった私は、
下宿屋のおばちゃんみたいに、休憩時間にはコーヒーやら紅茶やらを、おやつと共に差し入れ、
なんだかんだとしゃべっていた。

「あの頃、先生が出してくれたおかげで、コーヒーや紅茶が大好きです。」とのこと。

あの頃の彼女たちの終始勉強していた姿は、
今でも私に叱咤を与えてくれるほどだ。


と、そんなこめちゃんは、今年秋に結婚するという。

ダイヤが上についている婚約指輪.jpg


大人になった彼女たちとの話は尽きず、場所を変えお茶。

紅茶専門店.jpg
(お茶した場所はこちら。http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34012216/

別れ際に、こめちゃんが、私の手をしかっと握り、
「先生、また数年後にお会いした時も、変わらないままでいてくださいね。」と言う。


生真面目な私は、彼女との約束を守るべく、本屋の店頭に積み上げてあったこの本を購入した。
























モムチャンダイエット.jpg


同書を読めば、表紙のような体になる・・・・・わけないことは、わかっているって。




だけど、もしかしたら、モムチャンのようになるかもと悲しい幻想を抱いて購入する人は多いようで、
同書は随分売れているようです。


でも、わかっているって。
posted by H.A at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック