2010年03月01日

私もつらいよ

ここ数年の念願を,ようやく叶えた。

それは,柴又に寅さんに会いに行くこと。

柴又駅前寅さん.JPG

帝釈天の参道は,昔懐かしい感じのお店が並んでいた。

帝釈天参道.JPG

当然,“とらや”でお団子をいただく。
ここでは,映画「男はつらいよ」の第1作から第4作まで撮影されていたらしい。

とらやでお団子.JPG

帝釈天にお参りした後,少し歩いて寅さん記念館へ。
http://www.katsushika-kanko.com/tora/index.html

ここは寅さん好きの私にとっては最高に楽しい場所で,
2時間半くらいいた。
例えば,こんな撮影セットがあったり,

寅さん記念館.JPG

寅さんとの写真撮影をしたり,
過去の映画の一部をテーマにそって見返せるのも嬉しい。

寅さんといろいろ.JPG

寅さんテストでは,難解度別に3種類の問題が用意されていたが,
最も難しい問題には半分しか正解しなかったのが悔やまれる。
(その他は全正解だった!自慢!)
もっと研鑽を積みたい。


同館では,過去のメイキング映像も流れていたが,山田洋次監督が若い。
調べると,監督が38歳ころより同映画を作り始めたようだ。
私もこういう理念を有した仕事をしてみたいもんだ。

もう少し大人になったら,自宅に立派なAVルームを作り,
「男はつらいよ」DVD全巻セットを購入し,毎日1巻見るのを日課としたい。


などと,考えながら寅さんが寝っ転がっていた江戸川沿いを歩く。

寅さん川辺.JPG

と,このように充実した半日を過ごせたが,
一つ心残りは,強風のため,矢切の渡しが休航していたこと。

矢切りの渡し.JPG

矢切の渡しと言えば,細川たかしのるんるん連れて逃げてよ〜。
また,伊藤左千夫の小説「野菊の墓」で政夫と民子の悲しい恋の舞台。
(これは昔,松田聖子が主演した。かわいかった〜)


次回また時間を見つけて乗りに来よう。

さあ青年よ,悩め悩め!
posted by H.A at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック