2010年01月31日

オーシャンズ

シネコンのチケットをもらったので,
自分ではお金を払ってまで観に行かないであろう映画を,先般観た。
(「サロゲート」も気になったが,
 時間があわなかったというのもある)

「オーシャンズ」
http://oceans.gaga.ne.jp/
興行成績がよかったので,海の神秘を楽しんだ。

イルカの群れがイワシの大群を追い詰めるために,
猛スピードで泳ぐさまは,
イルカを見たい!との意を強くした。

このように映画では,
様々な海の生き物の生態系の様子が映し出されるのだが,
人間が,サメの背びれや尾びれを切って,サメの身体は海に,
という絵は,辛かった。
というのも,昨年,家族で中華料理を楽しもう!とテーマだてて,
ツバメの巣や,フカヒレなどを,おいしいね,コラーゲンだねと
大人数で食したことが思い出されたからだ。

そのうち,人間を食料にする生物が出現して,人間をバクバク食べるだろう。
そのときは,大きな魚が小さな魚を丸飲みするように,
身体全てを食べてほしい。

人間の自分勝手な願いです。
posted by H.A at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サメに関しても、そのうち捕獲量制限などが議論されたりするのですかね…。

ところで、日本人を美化するつもりはないのですが、クジラにしても、サメにしても、
日本人はほとんどすべてを食したり、使ったりします。
Posted by よね at 2010年02月01日 01:08
よねちゃん
そうそう,映画観たあと気になって,私も調べたのよ。
国によって食文化が違うから,食べ方がいろいろあるよね。
だけど,人間以外から見たら,国なんて関係なくて,皆同じ人間。
Posted by H.A at 2010年02月02日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック