2010年01月28日

赤外線通信

2月に行う,とある行事の関係で,
製作会社の女性のNさんと打ち合わせをした。
Nさんは,私と同世代と思われる。

携帯電話番号を教えときましょう,という話になり,
私が名刺に番号を書き込もうとすると,
Nさんが,赤外線通信をしようとおっしゃる。

最近の機器の駆使は中年には難しく,
そうした操作は,周囲の若いモンにしてもらっている私。
Nさんも,日頃は会社の若いスタッフにしてもらっているとのこと。

そんな二人があたふたと赤外線通信による情報交換にトライ。
何度かの失敗の後,成功。
打ち合わせ時間の,三分の一はこのあたふたに費やしたといえよう。
なんとも言えない,達成感を二人で味わった。

若いモン,今度から中高年には,
魚ではなく魚の釣り方を教えてあげて。
posted by H.A at 21:06| Comment(3) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
成功したことありません・・・

今度内緒で教えて下さい
Posted by おはま at 2010年01月29日 07:46
仁さんのせいではありません。
赤外線操作は飛ばすのと受けるのが別操作と言うのが良くないと思います。UIの設計が悪いといつも感じます。
ちなみにiPhoneは赤外線通信が出来ないので機種変更すると赤外線交換出来ない言い訳になりますよ(笑)
Posted by Jose at 2010年01月29日 08:45
おはまさん
相対的に「若いモン」として,秘かに釣り方を伝授します。やり方を覚えていたら・・・???

Joseさん
別操作だということを,このたびのトライで知りました。
長生きしてみるもんです。
赤外線で思い浮かぶのは,こたつ,という時代ではないですね。
Posted by H.A at 2010年01月29日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック