2009年06月07日

記録「異世代で考える―新聞の未来―」

浴衣の季節になろうという時,寒かった2月に開催した標記を,
きちんと記録にしておきます。
と言いましても,講演録までは手が回らず,
写真のみで振り返り,進行を確認します。



「異世代で考える―新聞の未来―」
 2009年2月13日(金)17時から19時半(開場16時半)
 広島市まちづくり市民交流プラザ
      北棟6階マルチメディアスタジオにて
行いました。




総合司会は,中国新聞社 増田泉子氏。

司会:増田さん.jpg



比治山大学学長 高橋 超先生の開会挨拶。

開会:高橋学長.jpg


セミ生による「学生の新聞に関する興味関心度調査」結果報告。
広本英佳氏,原田麻美氏,中野みのり氏,峰本結梨氏


新聞班.jpg



広島大学 桑田雅美氏。
中国新聞のキャンパスレポーターとして新聞に携わった学生としての報告です。

広島大学桑田さん.jpg


日経STOCKリーグに参加した学生の報告です。

広島修道大学
青原恭介氏,泉 陽介氏,氏家秀一郎氏,金野和哉氏,宗森信一郎氏。
参加してくれたのは内3名ですね。


広島修道大学.jpg


比治山大学
山口 茜氏,野里和美氏,伊藤有美子氏,上馬場桐子氏,福本仁美氏

ストックリーグ班.jpg


以上の学生の報告の後に,
今回のフォーラムの課題の解となる,
立教大学 亀川雅人先生による基調講演。


基調講演:亀川雅人先生.jpg




その後,パネルディスカッションに移ります。

Iパネルディスカッションの様子.jpg


では,パネラーの紹介をしましょう。

まずは,
基調講演者でもあった立教大学経営学部 教授 亀川雅人先生。
社会を鳥瞰した立場よりご意見をいただきました。


立教大学 亀川雅人先生.jpg


中国新聞社 編集局メディア統括 木村義将氏。
情報を発信するメディアの立場より,
時代の流れによるご苦労や工夫を解説していただきました。

中国新聞社 木村義将氏.jpg


古河電気工業(株)
Global Business Solutions
 セールスマーケティンググループマネ−ジャー 枡谷 義雄氏。
海外とのビジネスに携わり,
若いスタッフをマネジメントする立場より,
情報をうまく集め活用しながら仕事に生かすという,
活きた話をいただきました。

古河電気工業 枡谷義雄氏.jpg


広島信用金庫営業支援部プライベートバンキング室
 脇本寛子氏。
社会人経験3年目というフレッシュな立場であり,
学生時代と今との新聞に対する考え方の相違を,お話しいただきました。


広島信用金庫 脇本寛子氏.jpg


比治山大学短期大学部総合生活デザイン学科
 広本英佳氏。
新聞をはじめとする活字に嫌悪感のある世代の代表として
意見をしてもらいました。
(とはいえ,彼女も今は社会人)

比治山大学 広本英佳氏.jpg



パネルディスカッションの進行は,不肖ながら私,粟屋仁美。
(写真ナシ)




最後はフロアにおられた,
中国新聞社の川本 一之社長。
「新聞の責任」について新聞社のトップの立場から総括。


中国新聞社社長 川本一之氏.jpg


といった感じで閉会となったわけですが,
多くの方に足を運んでいただきました。

受付の様子です。
紙袋の中には,来場者の皆様がひもじい思いをしないようにと,
資料とともにお茶ともみじ饅頭。


受付の様子.jpg



全体の様子.jpg


基調講演,パネルディスカッション,報告等してくださった皆様,
またお越しくださった皆様,
中国新聞社の皆様
比治山大学の方々,ありがとうございました。




当フォーラムの趣旨や,皆さんの話された内容などもちゃんと書いておきたいのですが,
そこまで手が回らず,すみません。
趣旨は,以前のブログ記事をご参考下さいまし。

http://bouchukan.seesaa.net/article/114100758.html
posted by H.A at 14:12| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

原田麻美 さん ペタ
Excerpt: 原田麻美 さん が ペタしてくれた うれしぃ〜 有難う御座いました。 もちろん他の方々にも 感謝いたしてます。 ペタ有難う御座います
Weblog: プロ野球 速報ブログ|メジャーもあるよ
Tracked: 2009-09-24 23:27