2009年05月06日

信念を貫き通す

時折,フリルとリボンとレースでいっぱいの
ロリータファッションで身を固めた若い女子を見かける。

実はロリータファッションが私は嫌いではない。
その存在感にギョッとするが,ぷっと笑える(いい意味で)。

もし私が彼女らの年齢でも,
ロリータファッションをする勇気はないので,
彼女らの勇気に敬意を表したいし,
その装いをできるだけ満喫してほしいとも思う。





ただ,先日池袋駅のエスカレータですれ違った
ロリータファッションの女子には一言,もの申したい。

なぜなら,


















ルイ・ヴィトンのバッグを持っていたからどんっ(衝撃)




ロリータとヴィトンは相反するどころか,共存できないはずだ。
世界が違う。


ロリータファッションの女子諸君。
頭の先から足の先まで,びっちりロリータで決めてほしい。

以上。
posted by H.A at 19:12| Comment(5) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がはははは !
厳しい。
でも間違いなく共存するもんじゃないですね。

亡くなっても信念を貫く、忌野清志郎さんぐらいになって欲しいです。
Posted by 粟屋 和弘 at 2009年05月06日 20:21
同意見です。
私は原宿でエルメスのバックを持っていた女の子が"Bitch"と書かれたT
シャツを着てるのを見て、「本当にBitchだな」と思った事があります。
あのミスマッチは嫌いですよ。
Posted by Jose at 2009年05月06日 23:15
やっぱ、ひとみはダイアモンド by松本隆&ユーミン

でもあなたの眼を覗き込んだ時
黒い雨雲が二人の青空消すのが見えた

ああゆれないでメモリーズ

時の流れが傷つけても
傷つかない心は
地位阪ダイアモンド

(本当はダイヤモンドだけど)
Posted by おはま at 2009年05月06日 23:18
ゴメンなさい
書き込む日記を間違えちゃった・・・
Posted by おはま at 2009年05月06日 23:20
粟屋 和弘様
女子のファッションはバラエティに溢れていて見ていて楽しいですね。
自分が信念を貫いているか聞かれると,困りますが・・・

Jose様
キョロキョロしながら,一人突っ込みする自分が,かわいくもあります。
死ぬまでに一度くらいは,あのロリータファッションをしてみたい・・・一緒にどうですか?

おはま様
追加コメントにうけました(笑)
聖子ちゃんの映画「野菊の墓」が好きでした。
生まれ変わったら松田聖子になりたいと,真面目に思っていました。
彼女は化粧に走りすぎてから,自分の立ち位置を見失ってしまったような気がします。
コンサートで女子ばかり,というのもいいんだけど,いいのかなあ。
余計なお世話ですね。
Posted by H.A at 2009年05月09日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック