2006年01月04日

良選法師 箱根を走る

百人一首というものをしてみました。
もう○○年ぶり。
ああ、昔覚えようとしたなあ(覚えられなかったけど)という句がいくつか。。。

その中でも心にとまった句を一句。

寂しさに 宿を立ち出て 眺むれば
 いづくも同じ 秋の夕暮れ
          良選法師

どこ行っても寂しいのは同じだにゃーという意。
普遍的な哲学ですねえ。

加えてお正月はやはり「箱根駅伝」でしょう。
全国から集まった「走り」の精鋭達が、いい顔して走るのを見るのは心が洗われます。
今年も涙を誘いました。

よし。今年最初のゼミはみんなで走ろう!

  
posted by H.A at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。

箱根もそうですが新春のスポーツ、特に学生が出場するものはいいですね。エリートじゃなくても、ちゃんと活躍できる場がある。そしてそれを自分の力プラス幸運を引き寄せてモノにする。そんな楽しみがありますね。そして汚れなき?精神。

更に私の楽しみはラグビー!もうひとつの母校である関東学院が、雑草魂を発揮して、10年連続だったかな?決勝出場。そして、早稲田と5年連続での決戦です。素材は良いけど雑草扱いされてエリートコースに進めなかった奴らが、プライドを持ってエリートをやっつける姿は身びいきながら爽快感があります。こんなときだけ愛校心が芽生えてしまいます。

今週末が楽しみです(笑)
Posted by morita at 2006年01月05日 00:46
moritaさん、コメントありがとうございます。
ラグビーはルールがわからないのですが、見てみます。
どちらにしても冬の外でのスポーツは寒そうです。テレビで見るのが幸せです。
Posted by ひとみ at 2006年01月06日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック