2008年12月14日

微妙

アンデルセンで,勤務先の忘年会がありました。

(東京在住の方はご存じないかもしれませんが,
 青山等にあるパン屋のアンデルセン,
 あれは広島が本社なのです。)


アンデルセン忘年会.JPG

くじで決められた席は,
右隣が,青い目でブロンドの髪のネイティブの
コミュニケーション学が専門の大変ファンキーな先生。
左隣は年に一度は家族でアメリカに極力長期に滞在し,
お嬢様が赤ちゃんの頃から英語で話しかけるという
英語学が専門のいたってクールな先生。

「チョットスミマセン」を皮切りに,
私を挟んでの,英語での会話が二人で始まりました。
盛り上がっているようです。

さっぱりわかりませんふらふら

ある程度話が終わったところで,
「デハ,ココロカラニホンゴデ」

ありがたいことですわーい(嬉しい顔)

ファンキーでクールな英語交じりの歓談。
いろいろな料理が出てくるたび,
「ナニコレ?」「オイシイ?」と尋ねるブロンド先生。

どれも美味しかったのですが,中に何の味かわからないものがあり,
「びみょう」と答えた私。

では「微妙」を英語で言うと何か?という話になり,
「ビミョーガ,イミスルコトニモヨルネ」

・・・

日本語の「微妙」は確かに多義です。

さて,その忘年会,焼き菓子とコーヒー豆とお紅茶の
お土産つきでしたexclamation×2

キャラメル&バニラティー.JPG

posted by H.A at 07:50| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいブログですね!!!頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!そうです、勿論、応援、ポチ、ポチ。
Posted by 元塾講師による悩みスッキリ塾!の中里 at 2008年12月14日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック