2008年11月15日

坊ちゃん

吾輩は第二子である。
数日前に生まれたのに、名前はまだない。
小学一年生のお兄ちゃんが、いくつか名前を考えて書いた紙を
ママが病室に貼っている。

「大二郎」
  大五郎でなくてよかった。
  るんるんひとひとぴっちゃん・・・

「青森」
  お兄ちゃん、県名かい?

「金たろう」
  お兄ちゃん、「たろう」は平仮名なのですね。
  今更、熊にまたがりお馬の稽古はできませんえん。

パパは、さっきちらと来て、買い物があると出て行った。
吾輩の名前は、いつ決まるのだろう・・・










********

前職の同期で唯一の同窓の友人が、第二子を授かりました。
二人目不妊治療を続けていたようで、
喜びの出産です。

この年での出産は、孫のようでかわいいとのこと。
おばあちゃん仲間として私も「ゆりかごのうた」を
お乳が欲しいと泣く新生児に歌ってあげました。
彼は、歌う私をじっと見ていました。
(まだ見えないでしょうが)

にしても、彼が二十歳になる時に、パパ・ママは何歳?
パパ、ママ、生きがいやりがいいっぱいですから、がんばって!

新生児のあし.JPG

小さな命の誕生に乾杯バー
posted by H.A at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック