2008年11月13日

太陽と春風〜太陽編〜

11月某日,株式会社中国博報堂の執行役員,北野尚人氏に,
1年生の授業で,授業をしていただいた。

昨年,初めて北野氏にお会いしたときに感じた,
パワフルで元気で知的で明るい印象は,そのままで,なんだか嬉しかった。

北野氏アップ.JPG

現代のビジネス社会の変化の分析より,
今後予想できる社会を描かれ,
だから私たちはどうしたらよいのかを述べられた。

相反するようだけど「ひたむきさ」と「したたかさ」と両方必要なんだよ〜とおっしゃる。

北野氏授業風景.JPG

猛烈なスピードで世の中が変化することをターゲットにした講義内容だったので、
「“変わらないもの”は何ですか?」と問うと、
それは「目に見えないもの」だと答えられた。

ややっ!
春風のような先生のキーワードと同じぴかぴか(新しい)


講義内容ももちろんのこと,授業前後のお茶を飲みながらの雑談に
「生きるヒント」がふんだんに隠れていて,
私は北野節をメモをしながら真剣に聞いていた。

50歳をすぎたあたりから,同年代が病気で亡くなるようになったことより,
死んじゃう覚悟と,老後を楽しく生きる心積もりと
両方を持っておかなきゃね,とのこと。

話題の豊富さより,膨大な読書量が垣間見れ、
まだまだ私はベンキョーが足りないと反省。

明るくて暖かい太陽のような北野氏に,
脆弱な台風の私は,吹き飛ばされてしまいました。
高気圧になって,出直して参りたいと思います。

北野さん,ありがとうございました。
posted by H.A at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック