2008年11月05日

闇の子供たち

いつもお世話になっているお姉さまから,
チケットをいただいたので,「闇の子供たち」の映画を観た。

http://www.yami-kodomo.jp/

ドキュメンタリータッチかと思ったら,ちゃんとストーリー仕立てになってた。

タイで子供を対象とした心が凍るような商売が行なわれていて,
日本の新聞記者がそれをあばいていく,というもの。

そういう市場が成り立つというのは,購買者がいるということで,
それはタイの人ではなく,先進国といわれる国の人だという社会的なメッセージがある。

見るに辛い映画です。
posted by H.A at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック