2008年10月02日

DEEP RED

バブルの頃、
ピンクの発色の良いリップカラーがトレンドだった。(らしいヾ( ̄ε ̄ヾ) )

当時は、女子たちが競うようにシャネルだ、ディオールだと
海外いっちゃー買い、
デパートいっちゃー買い、していた。(らしいヾ( ̄ε ̄ヾ) )

特に、イヴ・サンローランの19番だったかな?はブルー系のピンクで、
よく雑誌にも取り上げられていた。(らしい・・・ってしつこい?)



バブルがはじけた頃あたりから、
ベージュを基調としたヌーディなリップカラーが主流となった。
ピンクもベージュ系、オレンジもベージュ系、
わざと唇の色を消して、肌色にするなんてこともある。
グロスで潤いを持たせる、なんてのも今や当然。

私も、ピンクベージュあたりを重宝し、夏場はオレンジ系にし、
グロスでピカピカというかヌタヌタにしている。
が、そろそろ、ベージュ系にも飽きてきた(* ̄ノO ̄*)。

と、最近気になるキョンキョンは、そんなベージュ系はつけていない。
だいたいにして、レッド系のピンクなのだ。
もちろん、素顔で映画に出たりもするから、その際は違うけど。

過去には、ファッションリーダーとしてもてはやされた彼女が、
何も考えずに、レッド系のピンクなんてつけるわけない。
化粧品のCMにも出てるし。

ということは・・・よし!
これからは、レッド系のピンクが来るぞ!と、善は急げで購入。
(三越の駐車場の駐車券がほしくて、良い機会と購入)

DEEP RED.JPG


とはいえ、やはり、赤いの買っちまったかなと弱気な私。

なので、本屋でファッション雑誌の表紙のモデルなりタレントを眺めてみた。
日本の雑誌は、やはりベージュ系リップが多い。
しかし、輸入物系雑誌の表紙の女子のリップは、赤いわよ
濃いピンクよ


さあ、私のヨミがどうなるか、
楽しみ楽しみ。
posted by H.A at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック