2008年08月24日

そもさん

湯水のように沸いて出る煩悩を抑えるために、
高僧達が修行したという比叡山に、あたくしも登ってみた。

延暦寺.JPG

ミンミンと鳴く蝉の音と、荘厳な空気に、
不肖あたくしも松尾芭蕉に化するかと思ったほど。

延暦寺根本中堂.jpg

根本中堂でありがたい説明を拝聴した後、
学問に効くという文殊楼(もんじゅろう)に入った。
階段の角度が90度近くあって、命がけの上り下り。





最澄の息吹を勝手に感じながら散策していると、

やややっ!!!


1572年に焼き討ちした織田信長も真っ青になるようなポスター発見!
















藤原紀香.jpg





これはこれでいいのだけど、
比叡山延暦寺内で、こういうのをしてほしくないなあ、
と思うのですが、どうでしょう、明智光秀さん。
posted by H.A at 10:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むむむ・・・。
比叡山近辺に(勝手に)感じる厳かな空気を考えれば、少々なんですなぁ。
それが藤原紀香ではなく、皇室のおかたであったなら少しは違う感じ方をしたのでしょうか。
とはいえ、それで観光客が増えるなら、光秀さんとしてはOKなのでしょうか?
領民思いの領主さんですもんね。
Posted by おきた at 2008年08月24日 19:18
おきたさん
実は、密かに「紀香バディ」の書籍を購入しました。次回お貸しします・・・(無理やり)
近々参りますわっ!
Posted by H.A at 2008年08月25日 07:18
比叡山、憧れの地なので羨ましいです。

テレビで酒井雄哉さんのお話を聴いて涙が出たことがあり、1度お会いしてみたいと思っております。
Posted by 廣田美穂 at 2008年08月26日 08:56
廣田さん
憧れの地、とまで言ってもらえれば、比叡山も救われますね。是非、一度行ってみてくださいな。
Posted by H.A at 2008年08月26日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック