2008年07月23日

計算とカシス・ソーダ

ここ1ヶ月くらいの間に、
「オトコは、オンナが計算して振舞ってても、気づかない」
のような話を、古今東西かつ老若の多様な男子数人より、聞いた。


ややや。


「ということは、男子に好感を持ってもらいたいならば
 (同席の女子から嫌われたとしても)
 好感度の高いであろう計算をした振る舞いをすれば、よい、ということなのね。
 ならば、これまで計算なんてしてなかったから、
 今後してみよっかな(* ̄ノO ̄*)」

と、広島に帰省していた、修士で同級生だった、えのきちくんに言うと、
えのきち君が即答した。

「粟屋さんは、無意識に高速で演算して、
 最適解を常に出してた、と思いますよ。」



( ̄‥ ̄)



この、えのきち君の言葉は、褒め言葉なのか非難なのかよくわからなかったが、
ご馳走してもらったので、気にしないことにした。

さあさ、
今後は食事に行った際に、

「とりあえず、ナマ(生ビール)ビール」なんて言わずに、

「私は、カシス・ソーダバー」 と、

小首をかしげながら言ってみたい。

もしくは、

「焼酎 ボトルでむかっ(怒り)」なんて言わずに、

「私は、ピーチ・フィズバー」 と、

ささやくように言ってみたい。










ぷぷぷっ。楽しみ楽しみ。










って、こうして書いちゃ、計算ではないね〜 _| ̄|○
posted by H.A at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、カシス・ソーダ飲んだ後、
池袋の駅前で「ここはどこだ〜!」
っと叫んでは駄目です。はい。。
Posted by たかにぃ at 2008年07月25日 00:58
たかにいさん
それは、きっと、人違いっ!
(計算、計算!!!)
Posted by H.A at 2008年07月25日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック