2021年10月16日

月影

アルコールのことは、当ブログには書かないようにしているのですが、
先日、後輩が贈ってくれた光栄菊酒造の
「月影 Oyama (雄山錦)」
「月影 kamenoo (亀の尾)」
IMG_2635.jpg

これは感激しましたし、企業経営に関わるので、こちらにも書きます。
光栄菊酒造の月影、調べるに希少らしく、一人1本しか買えないらしい。
米の種類が違うからと、二本購入できたと後輩。
IMG_2636.jpg

非常に美味しかったので、自分で買おうと思ったら、すでに定価では買えず。
楽天でも倍以上の価格設定となっていました・・・

さて、光栄菊酒造は佐賀県小城市三日月町に位置する酒蔵(らしい)。
20年程前にお酒造りをやめ、2006年に廃業した蔵が、復活した(らしい)。

「現光栄菊酒造の代表取締役日下社長は、
 まったくの異業種から酒造業に転じ、休眠中の旧光栄菊酒造を引き継ぎ、
 山本杜氏を招聘して佐賀県小城市で酒造りがスタートしました。」とのこと。
こちらを参考にしました)

杜氏に依存しない酒造りをする酒蔵もあれば、
杜氏により復活する酒蔵もある。
日本酒メーカー研究は奥が深いです。

そして何より、レアと言われると、欲しくなる。
来年は一升瓶をゲットしたいと思います。
posted by H.A at 12:19| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする