2021年09月02日

東大王クイズ甲子園 頭の中で世界旅行

テレビ好きながら、最近食指が動く番組が無く残念に思っていたところ、
昨夜たまたま見かけたTBS「東大王」
高校生対象の「東大王クイズ甲子園」、これが面白かった。

「頭の中で世界旅行」だったかな、のようなクイズで、
国名をあげて、国境が接する国を次々にあげていくというもの。
視聴側は地図が映るが、クイズに答える高校生は無いので、
頭の中で地図をおっていくことになる。

ヨーロッパ、ロシアの西側の東欧、
そしてアフリカと、次々と答えていく高校生たち。
あまりに正答率が高いので、次は国名ではなく、首都がお題となり、
勝負がついた。
それ以外のクイズも、膨大な知識と勘の良さが素晴らしかった。

地理大好きな甥っ子と、国旗や国名、首都、その位置など
クイズ形式で楽しんだことを思い出した。
きっとテレビの中の高校生たちも、そうやって知識を蓄積してきたのだろう。

コロナで旅行も留学も今は難しいが、こうした頭の中の世界旅行もなかなか楽しい。
私はコーヒーを飲んでは、
コーヒー豆の生産国をグーグルマップで確認し、ささやかな世界旅行を楽しんでいる。
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ「ザ・チェア〜私は学科長〜」

同業者より、面白いらしいですよ、と教えてもらった
Netflixのドラマ「ザ・チェア〜私は学科長〜」
IMG_2430.jpg

最初2話ほど、ドタバタ劇のような感じだったが、
我慢してみているとなかなか面白かった。

舞台は、アメリカの有名大学。
初の女性でアジア人(韓国ね)の学科長、ちなみに学科は国文学科、つまり英文学科 が主役。
学生数の減少と、
終身雇用資格(テニュア)を得た昔ながらの教授たちと、
大学方針や学部長の考え方とのギャップ、
もの言う学生との交渉、
などなど。

どこも同じと苦笑し、膝を打ちながら鑑賞。

アメリカの多様性は日本と比較できないくらい大きいので、
それだけ課題も多い。
(だからこそGAFAのようなイノベーションも生まれるのでしょうが)

主役が韓国系の方なので、韓国の親戚が集まって云々と、
時折垣間見れる大好きな韓国の雰囲気も、私には楽しい。

1話が短いし、10話なのでおススメ。
☆☆☆☆
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする